パソコンの画面の前に座ってつねに変化しているレートを見ていると直ちにエントリーをしなければならない衝動に煽られる方も少なくありません。レモンもつ鍋

しかしながら、あやふやな感覚でエントリーすることは断じてしてはいけません。精力剤ブログ

ご存知の通り、相場は24時間どこかで為替相場はやっているし、マーケットも休みなく変動しています。風水 腰痛

しかし、だからといって頻繁にトレードを繰り返しているとその回数だけ損失が生じる確率が高くなります。

言うまでもなく、エントリーの数を積む事で、少しずつ儲けられる可能性が50%、50%になります。

でもその事は「漠然とした感覚で注文」してしまうこととは話が違います。

売買回数を重ねる事の意味は、自分で「ここはいける」と感じた自信を得た場合の売り買いの回数を増やすという意味である。

特段の理由も無く、ひっきりなしに売り買いを経験するのとは全く違う。

市場の駆け引きに臨むには、己で意識的にけじめをつけることが大切です。

「ここはいける」と思ったマーケットの時には、所持ポジションを積み増して利益を追求する。

「ちょっと分からないマーケットで、どう変化するのか読めないな」と思案した時は潔く諦めて所持ポジションを閉じて何もしません。

そのくらいのテンポでやった方が、結果的に注文は勝てます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

まったくその通りだと思います。

外国為替相場とは常時ポジションを持つことが肝心な事ではなく、どれも持たずにじっと待っている事も時には外国為替相場です。

じゃあ、いつ、休むといいのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述したように、これからの為替相場がはっきりと分からない時です。

これからどうなるのか決断できない時は、ヘタに動くと、自分自身で考えた脚本とは逆の方向に相場が変化してしまい損失を被ることになる。

そのため、そういう場合はポジションを諦め、そのまま何もしないで様子を見ているのが唯一出来る事です。

次に、己の体の調子が変なときです。

体の状態と為替相場に関係性はないと思う方もいるだろうが。

実はつながりがあります。

健康状態がすぐれなければ市場のミスできない局面で必要不可欠な決定が出来ない場合が多くなります。

気分が乗らない時は外国為替相場から遠ざかる事も大事なことだ。