外為のテキストでは「損失を被った時にはナンピンをすることで、平均のコストを低くする」等と書かれていると思いますが、正直に言うとナンピンには相当大きな危険性があると思います。アクアデオ

まずは、ナンピンの仕組みについて分かりやすく説明します。価格キャッシュバック

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。オンラインスロット リノ

$(ドル)買いなので円安になるほど利益を得られますが思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高・ドル安が進んだとします。eesite.me/gshock

この状況で所有し続けたら、損失が回復するまでには5円分円安に向う必要があります。リネットプレミアム会員

損はなるべく早く戻したいと願います。リクルート 看護師の転職支援 (採用率について)

これを解決するためはじめに売り買いしたのと同額の$を、1ドル=95円でエントリーします。

すると、平均の単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。

要するに、2円50銭の幅で円安が進むと赤字を取り戻す事が出来ます。

こういったことがナンピン買いの手法です。

このような、ナンピン買いの理屈を知ると「納得だ」という風に思うが市場は易々と思い通りにはいきません。

そもそも、95円が下限だとということなど、誰にも予想できません。

例として、マーケットがかなり強い円高ドル安傾向だとしたら、95円では止まることなく、一段のドル安に進む危険性が高いです。

仮に、97円50銭でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高ドル安が速んだらナンピン買いした分にもマイナスが生まれることになってしまいます。

そういう状況では一番初めにエントリーしたドルと合わさって、ダブルで差損が生まれます。

このように、ナンピンは厄介です。

であるなら、外国為替市場が自分自身の筋書きとは逆向きに行ってしまった場合、どういうやり方で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

この場合取れる方法は2つ。

まずひとつめは執着しないで、損切りをする事です。

ふたつめはあなたが所持している買いポジションを少なくして、改めて市場が回復するのを黙って待つことだけです。

ちょっと大人しいやり方だと言う方もいるkもしれません。

しかしながら、自分のポジションに損が生まれた場合一番リスクが低い手法はこの他にはありません。

勿論、理屈の上では、ナンピンをしてみる手法もありえます。

だがしかしナンピンは自分がマイナスになっているにもかかわらずポジションを減少させるどころかそれとは反対に買いポジションを買い増していく手段です。

これでは、危機を回避することなど、到底不可能だと思うべきです。

ナンピンを続けられればいつの日にか損を取り返せるかもしれません。

でも、その前にお金が足りなくなってしまいます。